脳波誘導CDが脳のネットワークを発達させる

時々「(Brain Sound Quest、Vantage Quest、ヘミシンク等も含めて)脳波誘導CDは、聞いているときしか効果がないのですか?」というご質問を受けることがあります。

これに対して「いいえ、筋力トレーニングなどと同様で、繰り返し聞くことで、筋力ならぬ脳力(Brain Power)が高まります」という趣旨の回答をしています。

つまり、脳波誘導CDを繰り返し聞くことで、実際にCDを聞かない時でも、集中力が高まったり、深い瞑想状態に入れるようになるわけですが、これを裏付けるような最近の臨床試験の報告を紹介します。

出典)Cumulative effects of theta binaural beats on brain power and functional connectivity
脳力(=知力)と(神経の)機能的結合におけるシータ波バイノーラルビートの累積的効果

テヘランにあるアミール・キャビール工科大学で15人の健康な大学生に対して、7Hzのバイノーラルビート(左:200Hz 右:207Hz)とピンクノイズで構成された音源を聞かせて、脳を画像解析しています。

結果は、

1.3分間の音源では、効果はあまり見られなかった

2.6分間の音源では、脳の側頭葉と頭頂葉の働きが前と比べて高まった

3.9分間の音源では、脳のネットワーク(機能的結合性)が発達する可能性がわかった

というものです。

シータ波に誘導する音源を聞き続けることで、一時的に脳の活動が活発になるだけでなく、神経細胞(ニューロン)のネットワークを発展させる=継続的効果がある、というわけです。

脳のネットワークを発達させる音源

というわけで、私達もアミール・キャビール工科大学で使われたのと同様の音源を作成してみました。(オリジナルと区別するために左右の周波数を入れ替えています)

試聴:

7Hz バイノーラルビート 

効果があるとされた9分間版は、LINEクーポンになっていますので、ウエストヒルズ LINE公式ページ に友だち登録後、LINEより「ネットワーク発達サンプル」とメッセージをお願いします。(詳細は、 LINE公式ページ 始めましたへ)

また、弊社商品をご購入されたことのある方は、こちらのお申込みフォームよりメッセージ頂ければ、お送りさせて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました