SAB Quest 2

『SAB Quest 2』は、あなたを理想の脳波に導くとともに、右脳と左脳のシンクロさせる音源です。

  • 集中力をアップさせたい
  • 瞑想の効果を高めたい
  • もっとリラックスしたい
  • 潜在能力開発に興味がある
  • 神経の反応を速くしたい
  • 意識変容体験をしてみたい
  • 直観やヒラメキを良くしたい
  • ヘミシンクを使っているが、効果を早く出したい
  • 自分の能力を精一杯高めたい

そんな方は『SAB Quest 2』を聞いてみてはいかがでしょうか?

SAB Quest 2「リラックス」の無料ダウンロード

◎是非、あなたの耳で、あなたの脳で、たしかめてください。
 こちらのSSLフォームより18分間×2(合計36分)のSAB Quest 2「リラックス」が無料でお申し込み頂けます。
 意識変容効果について、他の脳波誘導系サウンドとの違いが感じられます。

SAB Quest 2「リラックス」は、あなたの脳波を8Hzのアルファ波と4Hzのシータ波に導くように設定されています。リラックス体験、意識変容体験とともに、脳内の血流が約24%増加したというデータもございます。

  • ご利用にはヘッドホン・イヤホホンが必要です。(安価でもかまいませんので、大きめのヘッドホンが望ましいです)
  • 小さめの音量でご利用ください。
  • ご入力頂いたメールアドレスに、以降私どもから連絡することはありません。

『SAB Quest 2』のメリット

他にも脳波を導く潜在能力開発のためのCDや音源はありますが、『SAB Quest 2』には次のメリットがあります。

脳波誘導効果が強い

他のCDや音源がバイノーラルビートという手法を使用しているのに対して、バイノーラルビートに加えて、複数の手法を使用していますので、脳波誘導効果が強くなっています。

自然な形での脳波誘導

バイノーラルビートはある意味、人工的で不自然な手法とも言えます。
そこで、なるべく自然な形での誘導になるようにしております。

右脳と左脳のシンクロナイゼーション

老舗の潜在能力開発CDといえば、ヘミシンク(hemi-sync)、ホロシンク(holo-sync)、ブレインシンク(brain-sync)といったところですが、これらのCDは、皆シンク(sync)という名前がついている通り、左右の脳のシンクロナイゼーション(同調一体化)を目指すものです。

しかし、そのシンクロナイゼーション(協調)の内容は、「右脳と左脳が同じ周波数で同調する」というだけでした。

これに対して『SAB Quest 2』は、「同じ周波数で同調する」に加えて、「右脳と左脳の間で素早い情報交換を行う」ことも行います。そのため、右脳と左脳だけではなく、両者をつなぐ脳梁(のうりょう)という部分まで刺激します。

脳梁

『SAB Quest 2』 サウンドの特徴

上に挙げたメリットを得るために、『SAB Quest 2』のサウンドには、次の5つの特徴を持たせています。

バイノーラルビート版とモノーラルビート版の両方をご提供

ヘミシンクやブレインシンクといった脳波誘導系のCDやブレインマシンに使用されているのは、多くはバイノーラルビートという手法が使われてきました。

しかし、バイノーラルビートは聞きやすい反面、効果を出すには長時間のトレーニングが必要です。 そこで、『SAB Quest 2』では、より効果が高いモノーラルビート版もあわせてご提供させて頂いております。ご利用される方は、ご自分に合った方をお聞き頂くことが可能です。

「バイノーラルビートとはどういうものか」「バイノーラルビートとモノーラルビートの違い」については、「バイノーラルビートによる脳波誘導」に詳しく説明しています。

バイノーラル・トーン(モノーラル・トーン)の複層和音化

『SAB Quest 2』では、バイノーラルビートやモノーラルビートを構成する周波数は、多くの同種製品のように単音ではなく、純正律に基づいた和音になっております。
これによって、自然で疲れにくいサウンドになっていると考えております。

ピンクノイズの活用

ヘミシンクCDでは、バイノーラルビートにはピンクノイズが被せてあります。
ピンクノイズとは、1/fノイズとも呼ばれていて、周波数が高くなるのに反比例して、パワーが小さくなるノイズのことです。
ピンクノイズをバイノーラルビートに被せる理由は、サウンドパターンを知覚する作用を拡大させるため、とされています。

同様の目的で『SAB Quest 2』でもピンクノイズが背景に含まれています。
加えて『SAB Quest 2』では、ピンクノイズ自体が脳波誘導するような工夫も施しております。

複数の脳波誘導手法を使用

脳波を誘導する手法としては、バイノーラルビートやモノーラルビートだけでなく、いろいろな手法があります。
『SAB Quest 2』では、複数の手法を組み合わせて、バイノーラルビートだけの場合よりずっと強力に脳波を誘導するようにしています。

右脳と左脳を交互に刺激

『SAB Quest 2』は、脳波を誘導すると同時に、そのリズムに合わせて、左右の脳を交互に刺激します。これをABS(バイラテラル)手法と言います。
これによって、右脳と左脳をつなぐ脳梁と呼ばれる部分まで強化され、両脳間の情報交換がスムーズに行われるようになって、脳のシンクロ状態が実現しやすくなります。

ご使用上の注意

1.次の方は使用しないで下さい。
・てんかん等強い聴覚刺激で発作的障害を起こす懼れのある方
・車を運転中の方、その他危険を伴う作業中の方

2.なるべく小さい音量でお聞きください。
ヘミシンクと同様に、ピンクノイズ とバイノーラルビート(モノーラルビート)で構成されているため、小さな音量でお聞きください。
ふだん聞いておられる音量のおよそ半分程度で十分です。

3.ステレオヘッドホン、またはイヤホンでお聞きください。
効果を得るためには、右の音は右の耳から、左の音は左の耳から聞こえる必要があります。そのため、ステレオのヘッドホン、またはイヤホンでお聞き願います。
出来ましたら、安価でも構いませんので、大きめのオーバーヘッド型の密閉型ヘッドホンが望ましいです。

ヘッドホンを使わない方は、弊「Brain Sound Quest」シリーズをご利用下さい。

『SAB Quest 2』の各音源のご紹介


west-hillsをフォローする
潜在能力開発のウエストヒルズ
タイトルとURLをコピーしました