ヘミシンク「メディテーション」と同じ効果の音源

ヘミシンク「メディテーション」と同じ脳波誘導プロトコルのものを、多少工夫を加えた形で音源を作成してみました。

今後同じような形で音源を作成し、ご提供ていく予定です。
私どもではこれを「ABT(Auditory Beats Training)プロジェクト」と名付けて、取り組んで参ります。無料、または格安(100円程度)で登録なしでご提供できればと考えております。

ヘミシンク「メディテーション」の内容

ヘミシンク「メディテーション」とは

ヘミシンクのリラックス&瞑想用CDです。いちばんスタンダードな1枚と言って良いでしょう。ヘミシンクの分類ではマインドフードCDとされ、音声ガイド等は含まれていません。

収録時間:45分

脳波はこのように誘導されるようになっている

ヘミシンク「メディテーション」に含まれるバイノーラルビート(ヘミシンク周波数)は、大きく2つに分かれています。

1.導入部分と終盤部分
CDの最初と最後の数分は、下の図のような感じです。

バイノーラルビート 左:99Hz 右:101Hz(2Hzのデルタ波)
トーンの音量は、-30db前後

2.メイン部分
CDの中ほどの部分は、下の図のような感じです

バイノーラルビート
左:175Hz 右:179Hz(4Hzのシータ波)
左:262Hz 右:266Hz(4Hzのシータ波)

トーンの音量は、-40db以下
背景に流れるピンクノイズの音量とそれ程変わらず、あまり目立ってはいません。
それでも少し高い周波数のパルス波がはっきり聞こえますので、これ以上バイノーラルトーンの音量を上げると聞きづらいものになってしまうと考えられます。

ABT「メディテーション」を作成してみた

上を参考に、同じ脳波誘導プロトコルで音源を作成しました。

ただし、以下の点で異なります。

・収録時間は、30分
・バイノーラルトーンは、ヘミシンク「メディテーション」とは左右が逆
・背景のピンクノイズは、低音が大きくディープな印象なものに
・ピンクノイズにはリラックス効果を高める緩いリズムが含まれている

脳波はこのように誘導されるようになっている

1.導入部分と終盤部分

バイノーラルビート 左:101Hz 右:99Hz(2Hzのデルタ波)
トーンの音量は、-30db前後

2.メイン部分


バイノーラルビート
左:179Hz 右:175Hz(4Hzのシータ波)
左:266Hz 右:262Hz(4Hzのシータ波)

トーンの音量は、-35db前後
ヘミシンクより音量が大きくなっています。

ABT「メディテーション」を試聴する

ヘッドホンやイヤホンでお聞き下さい

1.導入部分と終盤部分

2.メイン部分

30分版のダウンロードは、追ってご案内させて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました